プロペシア通販ナビTOP > AGA遺伝子検査について

AGA遺伝子検査でAGAで薄毛が発症しやすい体質なのかとフィナステリドの感受性が分かる!

現在薄毛で悩む人口は国内で約1200万人いると言われており、その計算ですと日本中で10人に1人が悩んでいることになります。

またこの数字は男性女性を合わせた全人口を表していますので、男性だけならば5人に1人が薄毛で悩んでいる計算になってしまいます。

薄毛・脱毛の原因はストレスによる円形脱毛症、血行障害による脱毛、脂漏性皮膚炎など色々あるのですが、現在一番多いのが男性型脱毛症(AGA)と言われています。

男性の方は特に、将来自分の髪の毛が薄毛になるかどうかは心配されていると思うのですが、このAGAは遺伝による影響が大きくなっており、特に男性は家系的に薄毛になりやすい遺伝子を親から受け継ぐと、そのまま薄毛になってしまう割合が高くなっているのです。

中でも遺伝的に母方の遺伝子が薄毛に大きな影響があるとされているのですが、その自分の遺伝子を調べることができる方法としてAGA遺伝子検査というものがあり、これはAGAによる将来の脱毛進行度を、ある程度知る事ができるようになっています。

このaga遺伝子検査は、男性ホルモンの感受性(AR遺伝子:アンドロゲンレセプター)を調べることで、遺伝的にAGAによる薄毛が発症しやすい体質かどうかを調べることができるのです。

また厚生労働省が認可している、男性型脱毛症に効果があるフィナステリドが自分にとっては効果的かどうかの判定もできるので、自分に合った薄毛治療を決めることも出来るようになっています。

具体的な検査に関してはごく簡単なもので、病院で血液検査を行ったり、また最近では自宅で自分でできるキットも販売されており、このキットを使用する場合は口の中の唾液を自分で採取し、これを検査機関に送ることで調べることが可能です。

結果が出るまでの期間に関してなのですが、病院での血液検査の場合は約1ヶ月、検査キットの場合は約2〜3週間で結果が出て、費用は病院検査で約20,000円、検査キットで約15,000円程度になります。

このような検査によって判明する遺伝子(DNA)の情報は一生変わることがありませんので、AGA遺伝子検査に関していつ受けても検査結果は変わりません。

そしてこの検査をすることによって、将来的にAGAが発症するリスク(可能性)とフィナステリドの感受性が分かりますので、検査結果でAGAの発症率が高く、フィナステリドの感受性も良いという結果が出たのであれば、早期のフィナステリドの服用で薄毛の改善ができる可能性が高くなります。

またフィナステリドの感受性が悪いという結果が出てしまったのであれば、ミノキシジル(血行促進による薄毛治療薬)や自毛移植など、他の方法で薄毛治療を考える必要があるでしょう。

またこの検査結果によって、AGAの発症率が低いという結果を得ても安心しきってしまうのは得策ではなく、遺伝子的には薄毛になりにくいかもしれませんが、薄毛になるその他の要因とし、ストレス・血行障害・生活習慣の乱れなど、日頃からの頭皮ケアは必要になってきます。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.