プロペシア通販ナビTOP > プロペシアとアルコールの関係

プロペシア服用者の飲酒は問題ないが、肝臓の負担には気を付けて!

プロペシアの服用は毎日欠かすことなく続けなければ、効果を持続させることができませんが、そうなってくるとお酒を飲まれる方は、アルコールの摂取は影響するのかどうかということが気になっている方もいるのではないでしょうか?

実際プロペシアとアルコールの関係がどうなのかということですが、アルコールの摂取をしてもプロペシアとの飲み合わせには、相互作用はありませんので問題はありませんが、アルコールの摂取量に関しては注意が必要です。

これは体内で吸収されたアルコールは、肝臓に運ばれて分解作業が行われるのですが、アルコールの量が適量を超えて過度な量になってしまった場合は、肝臓での分解作業が正常にできなくなってしまう為、プロペシア服用による男性障害などの副作用を発症してしまうリスクが高くなってしまうからです。

またプロペシアは、アルコールと同様に肝臓で代謝を行なっていますので、過度な飲酒は肝臓の負担を大きくしてしまい、機能を低下させてしまう恐れがあるので注意が必要です。

では、プロペシアを摂取している方がどのくらいの飲酒量であれば、肝臓に負担をかけないのかということですがこれには明確なデータはありませんが、一般的に1日のアルコールの適量の目安は、ビールで中ビン1〜2本(500ml〜1000ml)、日本酒で1〜2合(180ml〜360ml)、焼酎で1.2合(220ml)、ウィスキーダならブル1杯(60ml)、ワイン1/4本(180ml)、缶チュウハイで1.5缶(520ml)となっています。

上記に加えて、週に1回または2回程度はアルコールを控える休肝日を設けることで、肝臓を休めることができるでしょう。

また、過度のアルコール摂取によって肝臓が弱ってしまった場合には、肝臓の修復や機能再生に良いとされる大豆や牛乳、肝臓を活発にするウコン、しじみ汁などを積極的に摂取することがいいとされています。

プロペシアとアルコールには相互作用はありませんが、模範的な解答としてはアルコールを控えるのが、1番良いのは間違いありません。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.