プロペシア通販ナビTOP > プロペシアと円形脱毛症

円形脱毛症にプロペシアは効果なし、男性型脱毛症の治療以外で服用しても意味なし

プロペシアが円形脱毛症に効果があるのかどうかなのですが、結論としてプロペシアは男性型脱毛症の治療薬となりますので、円形脱毛症には全く効果がありません。

男性型脱毛症というのは男性ホルモンが大きく関係している脱毛の症状のことを指し、男性型脱毛症患者の脱毛部分には、原因となる濃度の高いDHT(ジヒドロテストステロン)が検出されます。

このDHTは、男性ホルモンであるテストステロンと還元酵素の結合によって変換される物質で、強力な脱毛作用を引き起こしてしまうほか、毛髪の発毛や成長に悪影響を与え、新しく生えてくる毛髪を細くしてしまう作用もあるのです。

このようなDHTの作用によって、男性型脱毛症は進行していくのですが、これに対して円形脱毛症は、精神的なストレスや様々なものが原因となっている脱毛の症状のことを指します。

円形脱毛症というのは、本来であれば人体を外敵から守るはずの免疫機能による防御作用が正常に働かなくなってしまい、誤って毛包を攻撃してしまった結果、毛包が破壊されてしまうことによって生じてしまう、自己免疫疾患といわれています。

プロペシアは、男性型脱毛症を引き起こしてしまう原因となるDHTの素となる還元酵素を抑制をして、毛髪の発毛や成長を正常に戻す治療薬ですので、精神的ストレスなどによって起こってしまう免疫機能の異常を改善するという効果などは全くありません。

ですから円形脱毛症になった場合にプロペシアを服用しても、ほとんどにおいて無意味だと言っても過言ではありません。

もしも円形脱毛症になってしまった場合は、精神的ストレスなどが原因として挙げられますので、原因が解消されたり時間が経過すれば自然治癒によって治りますし、医療機関で医師の診断を受けると円形脱毛症の治療薬を処方してもらえますので、円形脱毛症でお悩みの方は、そちらの方に相談してみることをおすすめします。

また夜更かしをせず、しっかりとした睡眠時間を確保したり、適度な運動をするなどストレスを溜めない規則正しい健康的な日常生活をおくるということも、円形脱毛症の原因を解消するうえでは大切だなことですので、心掛けるようにして下さい。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.