プロペシア通販ナビTOP > プロペシアのジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品のフィンペシアは価格も安く、個人輸入で購入可能

プロペシアは、服用を継続しなければしっかりとした効果を期待することができませんので、1度服用を止めてしまうと再び抜け毛の原因である、ジヒドロテストステロンが生成されてしまい再びプロペシアを服用する前の薄毛の状態に戻ってしまいます。

プロペシアを国内で購入する場合には、医療機関で医師の診察が必要で診察料も含めると、月額で大体10,000円前後の金額が必要となってしまうため、医療費の負担が高額になってしまい、途中で服用を止めてしまう方も多いようです。

そこでプロペシアと全く同じ効果が期待できる、ジェネリック医薬品のフィンぺシアは、プロペシアよりも安価で購入ができ費用の負担も少なくなりますので、毎月の医療費が厳しいという方には最適でしょう。

このフィンぺシアは、後発メーカーがプロペシアと同じ成分を使用して製造しているジェネリック医薬品となり、メルク社のプロペシアのように開発費用や研究費用が掛かっていないため、非常に安い価格での購入が可能なのです。

プロペシアとフィンペシアの違いに関しては、プロペシアはアメリカのメルク社が研究を重ね開発を行なった医薬品で、フィンぺシアはインドのシプラ社が製造を行なっている後発医薬品となります。

またプロペシアは厚生労働省の承認を得ている医薬品となりますので、国内での購入が可能ですが、フィンぺシアは厚生労働省の承認を得ていない医薬品のため、国内で購入することができないので、フィンぺシアを購入する場合は、輸入代行業者などを利用するという方法が一般的です。

この2つの薬の効果の違いなのですが、どちらもフィナステリドというAGAに有効な成分を主成分としていますので、フィンペシアでもプロペシアと同じ効果が期待できますし、副作用に関してもプロペシアと同じでさほど違いはありません。

プロペシアとフィンペシアの最も大きな違いを挙げるとすれば、やはり値段ということになり、フィンぺシアはプロペシアに比べて非常に安価な料金設定ですので、使う輸入代行業者によっては、プロペシアの半額以下で入手することが可能です。

この様に、フィンぺシアはプロペシアと成分も効果も全く同じなので、プロペシアを飲むための毎月の医療費が厳しくてAGA治療を断念することをお考えの方や、少しでも費用を安く抑えたいと思っている方は、フィンぺシアを購入するという選択肢もあります。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.