プロペシア通販ナビTOP > AGA治療は自由診療で保険適用外

プロペシアを含めた治療代全てが、保険適用外の自由診療による全額自己負担

現在では、薄毛や抜け毛に悩む男性の方の90%以上がAGA(男性型脱毛症)だと言われています。

このAGAを改善するためには、医療機関での治療がもっとも有効で、普段の生活活動に何も支障をきたすことがないため、風邪などの保険が適用される病気と異なり、保険が適用されない自由診療となっています。

そもそも保険の適用は「保険が適用される範囲」というものが定められていて、病気の症状によって検査や使用できる薬などが決まっているので、これに定められた範囲を越えて行なう治療に関しては自由診療となります。

AGAは厚生労働省によって病気と認められているものの、「保険が適用される範囲」に指定されていないため、薄毛や抜け毛の方が病院でAGAと診断された場合、処方されるプロペシアの購入代金も必然的に保険適用外となってしまいます。

ですからAGAの治療を医療機関で行なう場合は、プロペシアを含めた治療代全ての医療費が全額自己負担となってしまい、プロペシアの服用は継続しなければ意味がありませんので、ずっと継続するとなると高額な医療費が必要になるのが現状です。

また自由診療というのは、診察に係る費用や処方する薬の料金など、治療に必要な医療費を全て各医療機関で自由に設定ができますので、AGAの治療を医療機関で行なう場合は各クリニックや病院になって値段が異なってしまいます。

そのためAGAの治療を病院やクリニックで行なう場合には、どこの医療機関であれば負担額が少ないのか事前に調べるというのも、費用を抑えるポイントになるでしょう。

この様なことからAGAの患者の中には、非常に安い価格で購入が可能な、海外で販売されているプロペシアを個人輸入業者を通じて入手して、それを服用している方も多いです。

医療機関での治療を受けずに、薬だけを輸入代行業者を通じて手にすることで、必要になる費用を軽減することも可能ですので、経済的に厳しいという方に関しては、個人輸入を検討するというのも1つの手ではないでしょうか。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.