プロペシア通販ナビTOP > プロペシアを女性が飲む

女性がプロペシアを飲むのはもちろん触ることも絶対ダメ!

日本皮膚科学会が、男性型脱毛症におけるガイドラインを制定する以前は、女性の脱毛症に対してもプロペシアの処方が行なわれていた様ですが、現在では女性のプロペシアの服用は禁止されています。

この理由なのですが、女性がプロペシアを服用してしまうと、妊娠した場合に胎児の生殖器に異常を起こしてしまうリスクがあり、プロペシアが開発された当初アメリカのFDAから公表されています。

プロペシアは、脱毛の原因となるジヒドステロンの変換の素になる、還元酵素の働きを弱めることでジヒドステロンの抑制をするのですが、女性が男児を妊娠した場合には、このジヒドステロンを使用して男児の生殖器を形成していくため、男児の正常な生殖器を形成する為には、必要不可欠な物質なのです。

そのため女性が服用してしまった場合には、ジヒドステロンはプロペシアによって抑制されてしまうので、生殖器形成に必要な量のジヒドステロンが不足してしまうので、生殖器に異常のある赤ちゃんが生まれてしまう可能性があるということです。

この理論は人体での研究はされていませんが、ラットを使用しての研究においては確認がされています。

また報告はされていませんが、妊娠をしていない場合でも女性がプロペシアを服用してしまうと、婦人科系に何らかの悪影響がでる可能性があるともいわれています。

このような理由から、女性はプロペシアに触れることにも注意が必要で、プロペシアは女性がもしも誤って触れてしまった場合でも、安全性を確保するために錠剤の表面をしっかりとコーティングしているのですが、プロペシアが割れていたり、砕かれていた場合においては、服用をしなくても誤って体内に吸収される恐れがありますので、プロペシアに触れるということにおいても固く禁止されています。

以上のことから分かるように、女性のプロペシア服用は大変危険な行為ですので、服用をしないというのはもちろんのこと、薬自体にも触れないようにして下さい。

もし万が一、誤ってプロペシアを服用したり、コーティングの破れた錠剤に触れてしまった場合は、速やかに専門機関の医師に相談をして下さい。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.