プロペシア通販ナビTOP > プロペシアの年齢制限

プロペシアの服用は20歳以上からで、年齢が早いほど効果は表れやすい!

男性型脱毛症は、統計的に30歳前後の方が多いとされていますので、30歳以上の方が発症してしまうと思われがちですが、実際には10代の方でも抜け毛が増えるなど、男性型脱毛症の症状に悩まされるケースもあります。

では、男性型脱毛症に最も効果があるとされるプロペシアの服用は、年齢に関わらず何歳からでも服用ができるのかというと、これは服用に年齢制限がありますので誰でも服用ができる薬ではありません。

国内では、基本的に20歳以上の方からの服用となっていますので、20歳未満の未成年の場合は、残念ですが医療機関で処方されることはありません。

プロペシアには、ジヒドロテストステロンという薄毛の原因物資を発生させる還元酵素を阻害することで、男性型脱毛症の進行を防ぐ効果があるのですが、ジヒドロテストステロンは男性の生殖器の形成に必要不可欠な物質です。

ですから、生殖器の成長過程にある未成年がプロペシアを服用してしまうと、ジヒドロテストステロンが体内から減ってしまい、生殖器に悪影響がでてしまう可能性があるため国内では処方をしてもらえませんし、当然ながら服用は禁止されています。

また逆に、プロペシアの服用は20歳以上の方であれば、年齢に関係なく高齢の方でも服用をすることは可能なのですが、年齢を重ねすぎてしまうと十分な効果は表れにくいという臨床データが海外で報告されています。

これに関して説明すると、男性型脱毛症は年齢を重ねるとともに進行して行く脱毛症なので、服用を開始した年齢が遅れれば遅れるほど、薄毛は進行してしまっているので、プロペシアでも改善は難しくなってしまうのです。

このようなことから、20歳を超えて薄毛が気になり始めた方は、早めにプロペシアの服用を開始した方が良いといえるでしょう。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.