プロペシア通販ナビTOP > プロペシアを1日置き・隔日で飲む

有効成分のフィナステリドは24時間で体内からなくなるので、1日置きの服用はお金の無駄遣い!

プロペシアを服用する場合には、国内で必ず医療機関で医師の診察を受けてからでないと手に入れることはできません。

そのため、プロペシアの購入代金の他に診察料も必要で、男性型脱毛症の診断は保険の適用が効かない自由診療となるので、単純計算でも月々に1万円前後のお金が必要になります。

このようなことから、少しでも費用を抑える為に本来なら1日1錠とされているプロペシアの服用を、1日置きに飲んでいるという方も中に入るようですが、実際に隔日での服用でも効果はあるのかというと、これではプロペシアの正しい効果を得ることができない可能性が高いです。

隔日での服用がなぜ効果が期待できないというと、プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、24時間程度で体内から無くなってしまうからです。

プロペシアは有効成分であるフィナステリドの働きによって、男性型脱毛症の原因物質ジヒドロテストステロンの抑制をし、抜け毛を防いで健康な毛髪を増やすことで、薄毛の改善が期待できる治療薬です。

よって毎日服用されている方が、1日だけ飲み忘れてしまった場合などはさほど問題はありませんが、1日置きでの服用が習慣になってしまっている場合は、前回の服用から48時間が経過していますので、体内にフィナステリドが常にある状態ではなく、本来の薄毛改善の効果を得ることは難しいでしょう。

このように1日置きの服用によって、発毛や抜け毛の抑制などの効果が得られないと、診察台や薬の費用も無意味なものになりますので、プロペシアは必ず1日1錠服用するとことが重要なポイントなのです。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.