プロペシア通販ナビTOP > 発がん性が話題のキノリンイエローとは?

タール色素の合成着色料であるキノリンイエローは発がん性が問題視されています

飲む育毛剤として有名な医薬品のプロペシアには、ジェネリックと呼ばれる後発医薬品というものが存在します。

このジェネリック医薬品(後発医薬品)は先発医薬品とほぼ同じ成分の薬を作るだけなので、研究費や臨床試験費などにお金を掛ける必要がなくなるので、とても安く作ることができ、プロペシアにおいても価格的には約半額から10分に1になるようなものまであるのです。

そして、このジェネリック医薬品で有名になったのがインドのジブラ社が作ったフィンペシアなのですが、最近になって問題視されているのが着色料に使用されているキノリンイエローと呼ばれる成分です。

このキノリンイエローとは別名黄色203号になり、タール色素に分類される合成着色料なのです。

ここで特筆すべき問題というのは、このキノリンイエローには発がん性の疑いがあるということで、タール色素で着色しているところが主な問題点となっているようです。

さらに日本においては錠剤や化粧品には添加は認められていますが、食品への添加は禁止されており、この「食品への添加は禁止されている」ことと「タール色素による発がん性の疑い」という2つの理由によって、キノリンイエローを使用しているフィンペシアの人気はかなり落ち込んでいるようです。

キノリンイエローに関しては国によって成分に対する見解は分かれているようで、実際に製造・発売されているインドの中では、不思議なぐらい問題になっていないようです。

この発がん性に関して、正直なところ否定も肯定もすることができないと思うのですが、それでもやはり毎日飲んで服用を続けることになりますので、どうしても気になってしまうというのが大多数の意見でしょう。

そして気になるならば、キノリンイエローを使用していないジェネリック医薬品もあり、有名なものとしてはエフペシア・フィナロ・フィナバルドなどがありますし、商品にはわざわざキノリンイエローフリー(キノリンイエローを使用していない)という表示をしている商品もあるようです。

そしてこれらの薬はインターネットで個人輸入することも可能ですが、偽物の薬もかなり出回っていいますので注意が必要なことと、また安い値段で手に入れられるジェネリック医薬品を扱っている国内の病院もありますので、その場合は担当ドクターによく相談することをおすすめします。

最後になりましたが、プロペシア(MSD社販売)には、キノリンイエローは含まれていませんので、その点においては安心して服用することが可能です。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.