プロペシア通販ナビTOP > プロペシアの副作用・リスク

プロペシアの主な副作用は男性機能の低下で、服用者全体の2〜5%程度

脱毛症の進行を抑制したり、発毛に大変効果的な治療薬として有名なプロペシアですが、医薬品であるため服用した場合には、どうしても副作用を発症してしまうリスクが伴います。

プロペシアを服用して副作用が引き起こってしまう可能性は、服用者全体の2%から5%程度とされており、可能性としては低い数字ではありますが、実際のところプロペシアを服用することによっての副作用は認められています。

しかし、プロペシアの副作用は症状が軽いものが多く、命に関わるような重大な副作用が発症してしまう確率は極めて低いとされていますが、どのような副作用の症状が伴うのかということや、リスクに関しては正しく知っておくことが大切でしょう。

ではプロペシアの副作用には、どのような症状があるのかというと、最も多い症状として性欲減退や勃起不全や精子の減少など、男性機能の低下が報告されており、中には頻尿や残尿感を感じてしまう方もいるようです。

また胃の不快感や腹痛、下痢または頭痛なども副作用として報告されています。

ただしこれらの副作用はいずれも軽症なもので、発症したとしても大部分はプロペシアの服用を中止することで、症状を解消することができるとされています。

ごく稀にある重大な症状として挙げられるのは、肝機能障害を発症してしまうリスクがあり、実際に副作用によって肝機能傷害を起こしてしまうリスクについて、国内のプロペシアの販売メーカである万有製薬が、2007年に使用上の注意事項の重大な副作用として追加しています。

このようなことを踏まえ、プロペシアを服用してから体が重く感じたり、全身の倦怠感がある場合などは、肝機能障害の疑いも考えて使用は控えた方がよいでしょう。

また肝機能障害がある場合は、プロペシアを服用する前に、必ず医療機関で医師に一度相談するようにして下さい。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.