プロペシア通販ナビTOP > プロペシアは早期服用!

抜け毛・薄毛が気になり始めた早期の段階で、プロペシアを服用するのがおすすめ!

抜け毛や薄毛の治療に、今現在最も発毛効果が期待できるのがプロペシアですが、抜け毛や薄毛の進行状況によっては、全く効果を得ることができない場合もあります。

このページでは、抜け毛や薄毛の進行状況がどのくらいの段階で、プロペシアを服用するのが効果的なのかについて解説していきます。

まずAGAには、アメリカのハミルトン医師が作成した薄毛のパターンを分類したハミルトン分類表というものがあり、この分類表ではAGAの脱毛症の進行段階のパターンをT型からZ型までで分類しています。

AGAの治療を行っている医療機関では、AGA患者の薄毛の進行状況をハミルトン分類表を目安として使っているほどですので、正確なデータといっていいでしょう。

このハミルトン分類表では、薄毛の進行パターンを前頭部から後退していく「M型」と、頭頂部から薄くなっていく「O型」に分けられているのですが、一般的にプロペシアの服用は、このハミルトン分類表の前頭部の生え際がM字型に後退して進行してきた状態であるU型の方から、前頭部の生え際の後退が進んで頭頂部もO型に脱毛してしまった状態のX型の方までを対象としています。

しかし、薄毛の初期段階とされる前頭部の生え際が後退しはじめた段階(ハミルトン分類表T型)でも、プロペシアを服用した場合においては発毛効果があったと報告がされています。

また抜け毛や薄毛が進んでしまい、側頭部のみにしか発毛部分がなくなってしまったY型と、側頭部も薄くなってしまったZ型の場合には、プロペシアを服用したとしても抜け毛や薄毛の進行を止めることはできず、発毛効果も全く期待できないとされています。

このようなことから、プロペシアの服用は抜け毛や薄毛が気になり始めた早期の段階で服用することで、高い効果が期待できるといえるでしょうし、年齢が若ければ若いほど効果が実感できるという報告もありますので、抜け毛が目立ってきたら躊躇することなく早期服用がおすすめです。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.