プロペシア通販ナビTOP > プロペシアと耐性

プロペシアに耐性の報告はなく、5年間の効果が認められている

プロペシアの発毛効果を維持するためには、継続して飲み続けなければいけないのですが、長期服用を続けていくにあたり、プロペシアに対する耐性がついてしまい、効き目が無くなってしまうのではないか不安という方もいるでしょう。

プロペシアの耐性についてあると断定された報告は存在しませんが、プロペシアを服用している方の中には、最初のうちはしっかりとした発毛効果を実感できていたが、時間が経つにつれて効果が減少してきているように感じるという方もいます。

また海外のデータなのですが、プロペシアを長期服用した方の多くが、2年目以降に発毛効果が減少傾向にあるという結果も報告されています。

しかし医学データでは、5年間の効果が認められていますので、仮に2年目以降に効果が減少してしまったとしても、その原因は日ごろの生活習慣や加齢による衰えなども関係してきますので、プロペシアへの耐性によって効果が無くなってしまったとは一概には言えません。

実際にプロペシアの服用を3年間継続した結果、いまだ変わらずに効果を実感している方も多くみられますから、2年目以降に服用を続けて発毛効果が減少したとしても、それは耐性によるものかどうかは不明なのです。

そもそもプロペシアは、AGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの生成の素となる、5αリダクターゼを抑制する効果のある医薬品であるため、毛髪を新しく生み出す薬ではありません。

ですので、プロペシアを服用することでそのジヒドロテストステロンが抑制され、眠っていた毛髪が再び活動を始めるだけなので、眠っていた毛髪全てが発毛してしまった場合には、それ以上の効果は期待できないでしょう。

ただし発毛効果が減少したからといって、自分判断で服用を止めてしまうと脱毛の進行が促進されてしまうことは分かっていますので、医師と相談しながらにできるだけ服用を継続した方が良い結果がでる可能性は高いでしょう。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.