プロペシア通販ナビTOP > プロペシアで頭頂部・つむじ部分は生えるの?

プロペシアは薄毛改善効果が高いが頭頂部・つむじ部分にはさらに高い改善率を誇る!

日本国内で認可販売されているプロペシアの臨床試験の結果についてなのですが、1年間飲み続けた場合において服用した人の約60%が薄毛の改善があったとされおり、またその後も服用を継続することによって、その改善率は上がっていくというデータがあります。

この結果が示すように、プロペシアによる脱毛抑制・発毛促進効果はかなり高いと証明されているのですが、特に頭頂部やつむじ部分における改善率はそれよりもさらに高くなっているのです。

そもそもフィナステリドの働きというのは、主な脱毛の原因となる5-αリダクターゼという還元酵素を阻害することによって脱毛を抑え、育毛発毛効果を促進させることです。

そしてこの5-αリダクターゼには1型と2型があり、現在は2型5αリダクターゼが脱毛に大きな影響があるとされており、プロペシアは主に2型の5-αリダクターゼを阻害してくれるのです。

また1型5-αリダクターゼは髪の毛の脂線に、2型5αリダクターゼは毛乳頭に存在していると言われています。

毛乳頭は血液から栄養分を補給して毛母細胞を細胞分裂させ、髪の毛を成長させる大切な部分ですので、プロペシアによって2型5αリダクターゼを阻害することで、前頭部と頭頂部の脱毛を抑制することができ、また毛乳頭へのダメージも軽減することで発毛を促進させることができるのです。

プロペシアの服用を続けることで、頭頂部やつむじ周辺の薄毛が改善できた人は非常に多いのですが、その逆に生え際など前頭部の薄毛に関しては変化がない人もいます。

これは、髪の毛を生成する栄養分は毛乳頭が頭皮下の毛細血管から吸収するのですが、前頭部は頭頂部に比べると血管は少なくなっています。

このため前頭部には髪の栄養分が行きにくくなり、その結果として頭頂部と比べると薄毛の進行の抑制が難しいという原因のひとつであると考えられます。

そしてつむじ部分や頭頂部には、この血液の流れの問題も前頭部と比べると影響もあまりないので、プロペシアの効果により薄毛の改善がされやすい箇所と考えられているのです。

ただプロペシアには1型5αリダクターゼを阻害する働きはありませんので、頭頂部の個所において2型よりも1型5-αリダクターゼの存在が強い人には、残念ながら満足できる効果を発揮しない可能性もあることは覚えておいて下さい。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.