プロペシア通販ナビTOP > 生えたから服用を中止しても大丈夫?

プロペシアで一定の効果があったから服用を中止すると元に戻る可能性大!

プロペシアを服用してきたことで抜け毛も止まったし、見た目的にも薄毛ではなくなったので服用を中止しようとする人がいますが、ハッキリ言ってこれは良くない行為です。

プロペシアというのは飲み続けることによって効果が出る医薬品ですので、一時的に毛が生えたことで満足するのであれば構わないのですが、薄毛がまだまだ気になるのであれば、服用を中止してしまうことはNGです。

そもそもプロペシアは、多くの男性型脱毛症の原因になっている5-αリダクターゼを抑制してくれる効果があるというだけで、完全に消滅させるものではありません。

また男性型脱毛症は進行形の脱毛症ですので、絶えず5-αリダクターゼは生成されていますので、服用を中止してしまうとほとんどのケースにおいて以前のような薄毛に戻ってしまうのです。

ということでプロペシアは飲み続けないといけませんので、当然ながら費用も継続的に掛かってしまいます。

経済的な問題がネックとなっていて、服用の中止をしてしまう人も多いのですが、このような場合はジェネリック医薬品の服用も考えてみてはいかがでしょうか。

もともとプロペシアはアメリカのメルク社が開発した医薬品で、日本国内では2005年に認可販売されているのですが、海外ではその前から一般的に普及しておりその分歴史がありますので、安価で手に入れられるジェネリック医薬品があります。(参考:プロペシアのジェネリック医薬品について解説!

このジェネリック医薬品は、価格的にはプロペシア(MSD社販売)の半額から1/10程度のものもあり、実際にこれらのジェネリック医薬品を提供してくれる病院もありますので、処方を希望するのであれば担当ドクターに相談してみて下さい。

また今の時代はインターネットで医薬品を個人輸入によって手に入れることができ、プロペシアやフィナステリドのジェネリック医薬品も簡単に手に入ります。

ただこれらネット通販による医薬品は偽物も多く見つかっていますので、購入するに当たってはリスクが存在するということを理解して購入するようにして下さい。(参考:プロペシアを輸入代行業者で個人輸入することについて解説!

また継続して飲むにはいつか重大な副作用が出てしまうのでは、ということを気にして中止する方もいるのですが、実際プロペシアは肝機能障害や腎機能障害の可能性があり、また男性機能の低下も副作用として一部報告されています。

もしこのようなことを気にして中止したいと思うのであれば、フィナステリドと同様の働きが期待できる医薬品以外のものということで、ノコギリヤシ・オウゴンエキス・ヒオウギエキス・イソフラボンなどを服用してみると良いでしょう。

医薬品と比べると十分な効果は期待できないかもしれませんが、その反面天然成分ですので副作用はほとんど気にしなくて済みます。


Copyright(C) プロペシア通販ナビ <効果や副作用・個人輸入など完全網羅!> All Rights Reserved.